Menu

保湿成分についてチェック

スキンケア

それぞれ効果に違いがある

スキンケアの基本となるのは肌に潤いを与える保湿ケアと言われていますが、どのような保湿成分でケアするのが良いのでしょうか。保湿成分として幅広い人に知られている「ヒアルロン酸」は、化粧水など多くのスキンケア用品に配合されています。1gで約6リットルもの水分をキープできる保湿成分と言われていますが、ナノ化など特殊な加工が施されていないものは、分子が大きく肌の中には浸透していきません。ヒアルロン酸は保湿を行うスキンケアというよりは、与えた水分が逃げないようにするために与える成分となっています。より肌に潤いを与えるためのスキンケア時には、水分を肌の中に掴み込むような働きをする保湿成分を与えるケアが良いでしょう。アミノ酸やグリセリンといった成分は水分を掴み込む作用があるので、水分を与えたい時のスキンケアにおすすめです。これらの保湿成分以外にヒアルロン酸といった、与えた水分を逃がさないようにする作用がある成分を配合したスキンケア用品を使えばさらに乾燥を防げるでしょう。肌が十分に保湿されている状態だと、目尻や目の下などにできやすい乾燥じわの予防や改善に効果が期待できます。乾燥肌になると肌のバリア機能が低下し紫外線などの、外敵刺激を受けやすくなるのでシミやくすみ、シワといった年齢肌も出やすくなります。年齢を重ねても健康で若々しい肌を維持するためには、肌に水分を与える・水分が逃げないようキープするというスキンケアが欠かせません。