Menu

自分の肌タイプを知る

化粧水

タイプ別におすすめの成分

正しいスキンケアをして肌を美しく保つため、自分自身の肌タイプをしっかり知っておくことが重要です。肌タイプによって、使用すべき基礎化粧品がまったく違うからです。粉吹きやかゆみが出やすい乾燥肌タイプの場合、保湿効果が強い基礎化粧品を選ぶ必要があります。セラミド、またはヒアルロン酸やコラーゲンは保湿効果がとても高く、かさかさに乾燥した肌を潤す働きがあります。乾燥肌をそのまま放置しておくと肌老化に繋がるので、毎日丁寧にスキンケアをして肌を潤すことが大切です。脂性肌タイプには、皮脂分泌をコントロールする基礎化粧品がお勧めです。脂っぽくギトギトした肌質を改善するのに効果的な成分がビタミンC誘導多やアプレシエです。どちらもビタミンCを元にしたスキンケア成分で、過剰な皮脂を抑制してべたべたや、テカリを抑える働きがあります。また、ニキビができやすいのも、脂性肌の特徴の一つです。脂っぽいとニキビが発生しやすいので、できるだけ「オイルフリー」の基礎化粧品でスキンケアをすることが大切です。脂性肌タイプの基礎化粧品でケアをしてもニキビができてしまう場合、ニキビ肌用に特化した基礎化粧品を使うと効果的です。たとえばグリチルリチン酸を配合している基礎化粧品には、ニキビの炎症を抑える効果があり、ニキビ対策に有効です。また、ハトムギエキスにはニキビの発生を抑制して、テカリやべたつきのない健康な美肌に導く作用があります。